ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7CL 結婚祝い 医薬部外品 【SALE/62%OFF】 おしゃれな白髪染め

ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7CL [医薬部外品](おしゃれな白髪染め)

790円 ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7CL [医薬部外品](おしゃれな白髪染め) ヘアボディ・オーラルケア ヘアケア・ヘアアレンジ ヘアカラー・カラーリング /carbonification760845.html,[医薬部外品](おしゃれな白髪染め),ウエラトーン2+1,ヘアボディ・オーラルケア , ヘアケア・ヘアアレンジ , ヘアカラー・カラーリング,osoe.jp,790円,7CL,クリームタイプ 790円 ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7CL [医薬部外品](おしゃれな白髪染め) ヘアボディ・オーラルケア ヘアケア・ヘアアレンジ ヘアカラー・カラーリング ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7CL 結婚祝い 医薬部外品 おしゃれな白髪染め ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7CL 結婚祝い 医薬部外品 おしゃれな白髪染め /carbonification760845.html,[医薬部外品](おしゃれな白髪染め),ウエラトーン2+1,ヘアボディ・オーラルケア , ヘアケア・ヘアアレンジ , ヘアカラー・カラーリング,osoe.jp,790円,7CL,クリームタイプ

790円

ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7CL [医薬部外品](おしゃれな白髪染め)

液だれしにくいのでしっかり染まり、初めての方でも扱いやすい。複数回に分けて使えるので、部分的なタッチアップにも。amp;lt;三剤式 酸化染毛剤>(おしゃれな白髪染め) (医薬部外品)

カラー
7CL 明るいキャメルブラウン
セット内容
A剤(カラーベース)/B剤(クリームデベロッパー)/エッセンス/混合用トレイ/コームブラシ/手袋/使用説明書
原産国
タイ王国
使用方法
1. A剤とB剤を必要な量(同じ長さ)だけトレイに出します。2. 金色のボトルに入った輝きエッセンス(トリートメント成分)を、目盛りを目安に適量加えます。3. 乾いた髪に混合クリームをムラなく塗ります。
内容量
60g+60g+7.3ml
容量
A剤60g B剤 60g エッセンス7.3ml
注意事項 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください
<使用上の注意>・ヘアカラーでかぶれたことのある方は絶対に使用しないでください。・ヘアカラーはアレルギー反応をおこすことがあります。・皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を毎回必ず行ってください。ご購入前・ご使用前にお読みください・ご使用の際は使用説明書をよく読んで正しくお使いください。・次の方は使用しないでください。・今までに本品に限らずヘアカラーでかぶれたことのある方・今までに染毛中または直後に気分の悪くなったことのある方・皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の結果、皮膚に異常を感じた方・頭皮あるいは皮膚が過敏な状態になっている方(病中、病後の回復期等)・頭、顔、首筋にはれもの、傷、皮膚病がある方・腎臓病、血液疾患等の既往症がある方・体調不良の症状が持続する方(微熱、倦怠感、動悸、息切れ、紫斑、出血しやすい、月経等の出血が止まりにくい等)・薬液や洗髪時の洗い液が目に入らないようにしてください。・眉毛、まつ毛には使用しないでください。・幼小児の手の届かないところに保管してください。・高温や直射日光を避けて保管してください。・タトゥー(刺青)をしている場合、アレルギー反応を起こす可能性が高くなります。・幼小児には使用しないでください。パッケージの写真は実際の染め上がりの色と多少異なりますので、色をお選びの際は店頭の毛束見本を参考にしてください。詳しい商品説明はこちら(メーカーサイト)URL:https://www.wella.com/retail/jp-JP/haircolor/ProductDetails/high-tech-cream
シリーズ名
WELLATON(ウエラトーン)
その他
B剤 有効成分:過酸化水素水 その他の成分:セタノール、ステアリルアルコール、ラウリル硫酸ナトリウム、ラノリンアルコール、サリチル酸、リン酸水素二ナトリウム、リン酸、香料、精製水 エッセンス その他の成分:ホホバ油、アボカド油、ヒマワリ油(1)
タイプ
使いきり 、クリームタイプ
ブランド
ウエラ
主成分
A剤 有効成分:パラアミノオルトクレゾール、硫酸トルエン-2,5-ジアミン、レゾルシン、メタアミノフェノール その他の成分:セタノール、ステアリルアルコール、ラウリル硫酸ナトリウム、自己乳化型モノステアリン酸グリセリン、ラノリンアルコール
寸法
79mm×56mm×170mm
成分
【A剤】有効成分:パラアミノオルトクレゾール、硫酸トルエン-2,5-ジアミン、レゾルシン、メタアミノフェノール その他の成分:セタノール、ステアリルアルコール、自己乳化型モノステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレンセトステアリルエーテル、親油型モノオレイン酸グリセリル、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリル、強アンモニア水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、ヤシ油脂肪酸エチルエステルスルホン酸ナトリウム、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、無水亜硫酸ナトリウム、硫酸ナトリウム、アスコルビン酸、水酸化ナトリウム、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、香料、精製水 【B剤】有効成分:過酸化水素水 その他の成分:セタノール、ステアリルアルコール、ラウリル硫酸ナトリウム、ラノリンアルコール、サリチル酸、リン酸水素二ナトリウム、リン酸、香料、精製水 【エッセンス】その他の成分:ホホバ油、アボカド油、ヒマワリ油(1)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、天然ビタミンE、パルミチン酸アスコルビル、アスコルビン酸、クエン酸、ポリエチレングリコール400
対象
男女兼用
注意事項
・幼小児には使用しないでください。パッケージの写真は実際の染め上がりの色と多少異なりますので、色をお選びの際は店頭の毛束見本を参考にしてください。
販売名
ウエラトーン ツープラスワン クリームヘアカラーa 7CL
明るさ
7CL
薬事分類
医薬部外品
メーカー名
HFCプレステージジャパン
JANコード
4056800251117
商品番号
1870522
返品について
開封後返品不可
開封後はお客様のご都合による返品はお受けできません。返品については、ご利用ガイド「返品・交換について」を必ずご確認の上、お申し込みください。
備考
詳しい商品説明はこちら(メーカーサイト)







ウエラトーン2+1 クリームタイプ 7CL [医薬部外品](おしゃれな白髪染め)

重いものを玄関まで運んでいただき大助かりです。日時指定できるのも嬉しいですね。しかも1900円以上で送料無料なんて、他のショップさんではありえません。ロハコさん一筋です^^
カラーリングはいつも、ウエラです。色もちも良く、髪へのダメージも少ない様な気がします。チューブタイプなので少々面倒なのですが、気に入っています。
何度もリピートしています。量も増え、しっかりと染めることができます。色も種類があり、楽しんで選んでいます。

2022年5月6日金曜日

イリエヤミサラグモ♀。
熊本にて。

九州本土に広く分布。
林内の暗く湿ったガレ場等に生息し、石の隙間にシート網を張る。

イリエヤミサラグモ外雌器。

 

Coelotes keramaensis Shimojana 2000



▶Back to Agelenidae


ケラマヤチグモ♀。

渡嘉敷島に分布。
林内の崖の窪み、木の根元、石の下などに管状の巣をつくる。

ケラマヤチグモ♀。

ケラマヤチグモの巣。

ケラマヤチグモ外雌器。



2022年3月23日水曜日



▶Back to Salticidae

ノジマネオンハエトリ♀。
本州、四国、南西諸島から記録されている小型のハエトリ。
写真の個体は崖地のシダから得られた。

同個体側面図。

同個体正面図。



 

ニンギョウネオンハエトリNeon ningyo ♀。
日本最小級のハエトリ。
種小名および和名は岡山県の人形峠に因む。
写真の個体はススキの藁下より得られた。

同個体。

 

2022年3月3日木曜日



▶Back to Theridiidae

オガサワラヒメグモ♀。

広域分布種。国内では小笠原諸島から発見された後、
八重山諸島からも記録された。
写真の個体は軍港脇の草地にみられた。

同個体側面図。


2022年2月28日月曜日



▶Back to Anyphaenidae

ヨシタケイヅツグモ♂
2022年沖縄島にて。

沖縄島および宝島から記録されている。
写真の個体は、夜間に低木の葉枝上を徘徊していた。





2022年2月13日日曜日

オキナワキムラグモとヤンバルキムラグモを分布域から同定することは避けるべきだ

 沖縄島には3種のハラフシグモ科が分布している.オキナワキムラグモRyuthela nishihirai (Haupt 1979) , ヤンバルキムラグモHeptathela yanbaruensis Haupt 1983,そしてクンジャンキムラグモHeptathela helios Tanikawa & Miyashita 2014だ.このうちクンジャンキムラグモはヤンバルキムラグモの隠蔽種として2014年に記載された種であり,沖縄島における分布域は最北端の狭い地域に限られている.一方,オキナワキムラグモとヤンバルキムラグモの2種は比較的広い範囲に分布する種である.

一般に,キムラグモ類は顕著な外見的特徴を欠くため, 種同定のためには生殖器形態の観察が必要不可欠である.そもそも, オキナワキムラグモとヤンバルキムラグモは異なる属に分類されており,その生殖器形態は明瞭に異なる.たとえば, ♂であれば 

オキナワキムラグモ属:指示器を欠く, 側盾板に針状突起を有する, 小杯葉は比較的小型, 跗節は長さ>幅

キムラグモ属:指示器を有する,  側盾板に針状突起を欠く, 小杯葉はよく発達, 跗節は長さ≒幅

といった特徴により区別される(小野 2009).

しかし, キムラグモ類の雄は特定の時期にのみ採集されるため, 実際に我々が眼にする機会が多いのは幼体または♀成体である. ♀生殖器の外部構造は非常に単純であるため, 分類の際は生殖器を解剖し, 内部の受精嚢構造を観察する.

受精嚢の形状は,両属間で以下のように異なる(小野 2009).

オキナワキムラグモ属:1個または1対

キムラグモ属:1対, 2葉性(外嚢と内嚢に分化する).


また, キムラグモ類の外部生殖器は特徴に欠くと述べたが, キムラグモ属の場合は一対の明瞭が窪みが確認できる.一方,このような窪みはオキナワキムラグモ属では確認されない.そのため,♀成体であれば, 生殖器を外側から観察することで, 属を識別することが可能である.



ところで, 両種を「分布域のみに基づいて」同定することは可能なのだろうか. 

結論から言ってしまえば, NOである.

オキナワキムラグモは首里産の標本により, ヤンバルキムラグモは国頭村与那産の標本によりそれぞれ記載されている(八木沼 1979, Haupt 1983). そのため, 「前者は沖縄島の南部に, 後者は北部に分布している」という先入観があった(谷川 2003).

実際に, Haupt (1983)に掲載されている沖縄島におけるハラフシグモ科の分布図(Abb. 14, p287)を見てみると, 名護市の羽地ー大浦ライン(仮称)を境に, その南部側にオキナワキムラグモが, 北部側にヤンバルキムラグモが分布している様子がみてとれる. ここで注意しなければならないのは, 羽地ー大浦ラインの北側においても, 少数ながらオキナワキムラグモのサンプルが得られているという点である. 

その後, 沖縄島の各地から得られたキムラグモ類がDNAバーコーディングにより同定された結果, ヤンバルキムラグモの分布南限は本部半島よりも南側の許田付近にまで及んでいること, さらには沖縄島南端の糸満にも飛び地分布していることが明らかになった(Tanikawa & Miyashita 2014, 谷川 2015). 加えて, オキナワキムラグモの分布北限は国頭村に及んでいた(谷川 2015).すなわち, 両種は羽地ー大浦ラインで分布域を分かつのではなく, 沖縄島中部から北部にかけて広い混棲域をもつということである.このことから, 両種を分布域によって識別することは,誤同定を招く可能性が極めて高く, 避けるべき行為であるといえる.



引用文献

Haupt, J. 1979. Lebensweise und Sexualverhalten der mesothelen Spinne Heptathela nishihirai n. sp. (Araneae, Liphistiidae). Zoologischer Anzeiger 202: 348-374. 

Haupt, J. 1983. Vergleichende Morphologie der Genitalorgane und Phylogenie der liphistiomorphen Webspinnen (Araneae: Mesothelae). I. Revision der bisher bekannten Arten. Zeitschrift für Zoologische Systematik und Evolutionsforschung 21(4): 275-293.

Haupt, J. 2003. The Mesothelae -- a monograph of an exceptional group of spiders (Aaneae: Mesothelae): (Morphology, behaviour, ecology, taxonomy, distribution and phylogeny). Zoologica 154: 1-102.

小野展嗣 2009. ハラフシグモ科. pp78-83. In: 小野展嗣(編著) 2009. 日本産クモ類. 東海大学出版会. 739pp.

谷川明男 2003. 沖縄クモ図鑑. 文葉社. 95pp.

Tanikawa, A. & Miyashita, T. (2014). Discovery of a cryptic species of Heptathela from the northernmost part of Okinawajima Is., Southwest Japan, as revealed by mitochondrial and nuclear DNA. Acta Arachnologica 63(2): 65-72.

谷川明男 2015. 日本産キムラグモ類の系統地理と分類. 生物科学, 66(2): 69-78.

八木沼健夫 1979. 沖縄のキムラグモ新種として発表される. Atypus, 75: 1-2.